最近の記事
2011年03月21日

渡辺式 花粉症対策メソッド

渡辺式 花粉症対策メソッド

元製薬会社社員が明かす本当の花粉症対策メソッド
花粉症を克服できる




私の渡辺式 花粉症対策メソッドは、一般の本や雑誌などでは得られない生きたノウハウをまとめています。

 

私が、健康コンサルティングを行っている方に対してどのように指導しているのかを具体的に書いていきましょう。

 

これで、あなたは具体的に何をすれば良いかがイメージできるはずです。

 

まずはじめに、


・私のメソッドは専門的な医学知識も

栄養の知識も必要ありません。

 

 

医学用語を並べ立て、いかにもそれらしい事を書いている本やマニュアルが世の中には多数存在しますが、そんな用語を知っていても健康にはなれません。

 

専門的な知識ではなく、今すぐ実践できる知恵と知識を提供していきます。

 


「なんとなく」分かって、

出来ることから実践していく。

いきなり全部やろうとする必要はありません。

 

できることからやっていく。ストレス無くやっていく。

それだけでも、確実に身体は変わっていきます。
本当のことはいたってシンプルなのです。

身体は良くも悪くも裏切りません。日々の生活の中で少しだけ変えてあげる。

そして、それを続けてあげる。この繰り返しであなたの花粉症は確実に変わっていきます。

 


花粉症の原因と背景を理解する


まずは、花粉症の原因と背景をしっかりと理解しましょう。


この原因と背景を理解していないと、花粉症対策として良い事をやっても、他の生活の部分で悪影響を及ぼすことを知らず知らずのうちにやってしまいます。

 

「なぜ自分は花粉症になってしまったのか?」

を具体的に理解していきましょう。

これはあなたの花粉症の原因となっている生活習慣を見直すきっかけにもなるでしょう。

 


アレルギーの正体とは?

花粉症は、異物に対する過敏反応、アレルギーです。


ここでは体の中のゴミ箱の話をします。
体の中には毒素や異物を、不要物を捨てるゴミ箱が存在します。


そして、実は、このゴミ箱がいっぱいになると過敏反応が引き起こされてくるのです。

つまり、身体の中に毒(異物)が溜まりすぎて、身体の中のゴミ箱がいっぱいになった時(過剰になった時)ゴミ箱からあふれたゴミに身体が反応してくしゃみや鼻水、目のかゆみなどの症状として現れたのが花粉症の正体なのです。


それについて詳しく説明します。

 


「治る」と「抑える」の違いを理解する。

花粉症を「治す」事と「抑える」ことは根本的に違います。


花粉症の時期になると、耳鼻科さんや眼科さん、アレルギー外来のある病院は混み始めます。
しかしながら、いまの病院の治療で花粉症が根本的に改善することはほとんどありません。

 

それはつまり、「治す」と「抑える」は考え方も方法も全く違うからです。

 

抗ヒスタミン剤、抗アレルギー剤などさまざまな薬による投薬治療では、一時的に症状がラクになることはあっても、花粉症そのものが改善することはないのです。

つまり、さっき言った体の中のゴミを取り除かない限り、改善はされないのです。

 


薬で抑えることのデメリットとは?


確かに薬は即効性があるので、一時的には楽になります。


ただ、それは単に症状を押さえ込んでいるだけ。根本的な解決にはなっていません。

その副作用により、免疫力の低下、体温の低下をまきおこし、ますますあなたの花粉症の症状は年々悪化していきます。 そこをまずは理解しましょう。

 

 


症状は「結果」であって、「原因」ではない。

花粉症を改善する為の一番の王道。それは「症状」にとらわれないことです。


花粉症の本当の原因は、身体の中にある「ゴミで一杯になったゴミ箱」
アレルギー体質 そのものなのです。

 

ですので、花粉症の症状に焦点をあてるのではなく、その原因を理解して、改善していくことが、本当の花粉症対策である事を理解していただきます。

 

 


花粉症対策の秘訣は「体質改善」

アレルギー体質の原因には
・ 欧米化した食生活
・ ストレス
・ 電磁波などの住環境

などが関わってきますが

なかでも、一番影響が大きいのが食生活 です。


体の中に入れるものをチェックして、花粉症の症状に悪影響を与えない、体の中にゴミを溜めないための食生活に改善していくことが重要です。

 

 

欧米化した食生活による影響


1950年代から比較して、現代人の食べ物は大きく欧米化し、食べる内容も変わってきました。


牛乳は20倍、肉を10倍、卵と油は7倍になっています。
また精白食品(白米、パン、うどん)の量も増え続けています。

 

そして、それに比例するように花粉症などのアレルギー症状も 癌も 糖尿病も急激に増え続けています!

逆の見方をすればここにアレルギー体質改善のポイントが隠されているのです。
それについて詳しく説明します。

 

 

免疫力を高める四つの方法

 

「一言で花粉症を改善する方法は?」と聞かれたら、「免疫力を高めること」と答えます
あなたの免疫力が高まることがすなわち、花粉症を改善する方法なのです。

その免疫力を高める為の四つの方法をお伝えします。

 

 

 

「血流」ではなく「血液の質」が重要

「血行を良くすることが大事」
といろいろなところで言われていますが、「血行」を良くしても「血液の質」がよくなかったら、意味がありません。

ドロドロの血液なのに、いくら血行だけ良くしようと思っても、ダメですよね。
血液の質を良くして、栄養と酸素を送り老廃物を取り除く働きをスムーズにしてあげないといけません。

食事を変えて、血液の質にアプローチしていくことが花粉症を改善する上でとても大切なことになります。

 

 

免疫力と腸の切っても切れない関係

腸は、「腸管免疫」という言葉があるほど
人間の免疫力の60%を左右すると言われています。

実際に、アレルギー患者のほとんど全てのかたは
腸が過緊張になっている方が多く、便秘や下痢をしやすい体質にあります。

 

どんなに良い栄養を摂っても小腸が疲弊していたり、大腸にゴミが溜まっていればきちんと吸収することは出来ません。
腸にスポットあてること。 これを是非理解していただきます。
渡辺式 花粉症対策メソッド 【究】


具体的に花粉症のアレルギー体質をどのように変えていくか。
その具体的な15の方法をあなたにすべてお伝えします。

その時に一番大切なことは

「悪い物を先に出してから、良いものを入れる」

この原理原則の元、具体的なメソッドをお伝えしていきます。

 

 

動物性たんぱく質との向き合い方

 

アレルギー体質の方の多くが、動物性たんぱく質の摂りすぎの傾向があります。


アレルギーの主原因はたんぱく質であると聞いたことある方も多いと思います。

 

では、具体的になにをどうしたらよいのか、どう向き合ったらよいのか、何をしてはいけないのかを具体的にお伝えしていきます。

 

 

油を摂る時の注意点

 

たんぱく質と並び、花粉症の大きな原因のひとつに質の悪い油の過剰摂取があります。

一言で油と言っても色々あるのですが、特に気をつけて欲しいのが
「トランス脂肪酸」と「リノール酸」です。

 

これらは普段私達が食べている食べ物の中によく含まれているので、これに気をつけないと、いくら花粉症対策をしても体質改善はされていきません。

 

「トランス脂肪酸」は「食べるプラスチック」といわれますし、

油に含まれる「リノール酸」はカユミ物質「ヒスタミン」の1000倍とも言われています。

 

どんな食品に含まれていて、どんな対策をとると良いのかを具体的に説明します。

 

 

 

糖分の摂り方

糖分の過剰摂取は血液をドロドロにするだけでなく自律神経を乱し、アレルギーの悪化やうつ病を招きます。

 

現代人の多くは、ジュースやお菓子の取り過ぎで過剰糖分となっています。

現に、中学生のじつに44%もの子供が糖尿病をはじめとした生活習慣病
予備軍だというデータもあります。

実は、世の中に出回っている食品には知らず知らずのうちに糖分を過剰摂取してしまうようになっています。 そうならない為に、どういうところを見て、確認していけばよいのかを説明します。

 

 

 

水の摂り方

「水をたくさん飲むと健康に良い」とよく言われています。

体の悪い物を出しやすくすると言われたりしますね。


1日2リットル飲むと良いとテレビなどでもやっていることがあります。

でも実は、摂取する量に正解はありません。

人の体質、年齢、タイミングによって水を飲むときの効果が違ってきます。


体の循環をよくするための効果的な水の飲み方、タイミングを事細かにお伝えします。
これを守るだけでも変わってきます。

 

 

 

酵素について深める

最近、健康業界・医療業界において「酵素」という言葉が注目されるようになってきました。

「酵素」は花粉症に限らず人間の生命維持活動において必要不可欠なものです。かといっても、専門的な知識を身につけることが目的ではないので簡単に紹介させていただきます。

 


人間の身体の中には3000種類以上の酵素があると言われています。

大きく分けると「消化酵素」と「代謝酵素」に分かれます。


体の免疫力を挙げるにはこの酵素の力が非常に助けになります。
それについて具体的にお伝えしていきます。

 

 

 

食事の量について

 

現代人の多くの人は食べ過ぎから病気になっています。

花粉症を始めとするアレルギー体質は腸の機能を取り戻すことが何よりも大切です。そこで食事の量を見直すことも改善に向けた大切な要素になります。

 

一般的に、1日3食は当然だと思われていますが、3食食べるようになったの
は江戸の後期からでここ100年くらいだと言われています。

アレルギーの体質改善に効果的な食事の摂り方、摂る時間帯、食べる量を具体的にお伝えします。

 

 

アレルギーと集中力・学力の関係


このマニュアルは、ただ花粉症を改善するためのものではありません。

花粉症の原因となるアレルギー体質の改善を目的にすることで健康な身体を取り戻すことを目的にしています。

 

アレルギー体質を持っている子供は、他の通常の子供と比べて、ハンデがある為、学力の面で差があるようです。その原因は現代の生活環境が影響しています。


このメソッドでアレルギー体質を改善することで、脳に酸素がいきやすくなり、集中力。学力アップに繋がっていきます。

 

 

玄米とアレルギーの関係とは?


「玄米は健康に良い」と誰もが思っているかもしれません。
花粉症を改善する為に玄米を食べている人もいるかもしれません。


でも、もしかしたら逆効果の可能性があります。

実は玄米は便秘がちになりアレルギーが悪化するケースも沢山あるのです。

そして余計に腸に負担をかけてしまい、結果的に花粉症の改善に至らないケースがあります。
そこで、玄米を食べる時の具体的な方法についてお伝えします。

 

 

粘膜を強くする方法

花粉症は粘膜からアプローチしても、かなり改善が見込めます。

それはある食べ物を、ある方法を使って体に取り入れると効果的です。その食べ物と具体的な摂り方について詳しく説明します。

 

 

食事の内訳

食べる量については、前章を見てわかると思うと思います。
次に問題になるのが、食事の内訳。

体の中の毒素を出して、花粉症の症状を改善していく為には、どのような食事の内訳で食べていけば良いのかを具体的にお伝えしていきます。

 

 

 

体質と食欲と感情の関係

人間は感情の動物です。
感情に反することをやろうとはしません。

どんなに良いと知っていても、感情がそれに乗らなかったらやりませんよね。

 

では、この「体質を改善したい」「でも、これが食べたい」「でもこれを食べると症状が悪化するとわかっている」そんなときはどのように感情をコントロールしたら良いかをお伝えします。

「○○を食べたくなったら」という時の具体的な考え方、対処法を細かくお伝えします。

 

 


日用品に対する認識

食べるものと同じように重要なのが、環境。

その中でも普段自分達が使用している日用品。


この中にも花粉症を悪化させる原因があったりします。
その対処法をお伝えします。

 

 

 

免疫力低下に繋がる冷え症の対策。

昔は冷えは万病のもとと言われていますが、それは体温と免疫の関係の章でも説明したように、低体温は、そのまま免疫力の低下を招くからです。

 

平熱が1℃下がるだけで、免疫力は30〜40%も低下します。

逆に言えば、体温が低いままではアレルギー体質を改善することが出来ません。

ここでは、冷えの原因、対処法を食べ物、お風呂の入り方、体を温めるオリジナルドリンクなどについて解説していきます。

 

 

 

サプリメントの摂り方

現代人の多くの人は、カロリーオーバー、栄養失調になっています。
市販されている食べ物の多くが素材面からも調理方法からも極端に栄養価が落ちています。それを補うという意味ではサプリメントは有効だと思います。


ただ、サプリメントはあくまでも「健康補助食品」になるので、主役ではありません。基本となる食事があった上で足りないものを補うという認識を持ってください。

 

よく「これさえ飲めば大丈夫!」というようなお話を聞きますが、基本的にそういったことはありません。食事が基本になることを忘れないでください。

 

何が良いか悪いかはその人の体質などによって異なるので、どのサプリメントが良いかはお伝えできかねますが、効果的なサプリメントを摂る時の具体的なチェックポイントをお伝えします。

 

例えば「乳酸菌が生きたまま腸にとどく」という商品が存在していますが、生きて腸まで届くのと、腸でその菌が活躍してくれるのかは全く別の話です。

その誤解や思い込みについても説明していきたいと思います。
そして効果的にサプリメントを摂取する時の3つのステップも公開します。

 

花粉症改善への心構え

花粉症をはじめるとする体質改善は「生活習慣の改善」が基本になります。


「生活習慣の改善」は長い期間かけて作り上げられたものなので、
すぐに変えることは難しいケースが多いです。なので、いっぺんに変えようとしないでください。

花粉症改善の為に一番重要な心構えをお伝えします。この心構えは花粉症改善にどうしても必要です。

 

これはまだまだほんの一部です。
本編はもっと詳しく、コアな部分を惜しみなく公開しています。

これの内容さえ本当に実践していただければ、花粉症はみるみる改善されていきます。
それも、単に「抑える」のではなく原因を「改善する」ということです。
渡辺式 花粉症対策メソッド 【究】


渡辺式 花粉症対策メソッド

元製薬会社社員が明かす本当の花粉症対策メソッド

【季節限定】花粉に悩んでいませんか?花粉プロポリス
わずか1カ月で花粉症を克服した方法
posted by kafun at 08:10 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
花粉症 克服
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。